駐妻キャリアnet

駐妻キャリアnetは、キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティです

Expat Wives Carrer Network

【Hisae's Voice / vol.9】寄せ書きから気づいた自分の強み-

f:id:chuzuma-career:20170825230833j:plain

ありがたいことに送別会ラッシュがやってきました。

私の住むサンパウロでは

  • 同い年が集まる干支の会
  • 子どもの出産年度で集まるママの会
  • 出身で集まる県人会
  • スポーツを通じた家族会
  • 趣味を通じて集まる同好会(和菓子部、手芸部、など)

などがここ数年で発達し、新しく来伯された方々も

以前に比べてスムーズに友達つくりができているような印象を受けます。

1ヶ国目のオーストラリアで最初に友達作りで苦戦した私には

交友関係を広げるチャンスの沢山ある環境でした。

先日は息子を生んだ出産年度の会でのお別れ会をしていただきました。

息子の妊娠が分かったのは、渡伯後3か月で体を壊し日本に緊急一時帰国

した時のこと。

次々と降りかかる困難に立ち向かえる気力も体力もない状態で

最悪な体調のまま、必死の思いで日本に帰った直後でした。

安定期に入ってから娘と二人でブラジルに戻ってきたのですが

ブラジルで出産する、と決めたものの

国籍の問題や、言葉の問題、産後のケア、など

不安材料がたっぷりの中、心の支えになってくれたのが

出産年度が同じな妊婦の友達たちでした。

私は第二子、かつ出産年度の会の中でもトップバッターの出産予定

だったので、後に続く人たち(第一子出産の方ばかりだった)に
自分の体験談や役立ち情報などを少しでもシェアすることを心がけました。

ベビーマッサージベビーサインなどは当時こちらではまだなかったので

見よう見まねで本やCDを使って紹介するだけでもとても喜ばれました。

ただでさえ、日本から一番離れた地球の裏側で、家族や友人のサポートも

十分にはなく、妊婦健診や出産、入院方法なども日本とは異なるものだらけ。

言葉の壁もかなり高い中

友達の多い・少ない=情報の「多い・少ない」の差で

得られる物や機会に差が出来てしまうことがどうしても納得いきませんでした。

そこで、必要な情報や物が必要な人に届くように、と

Facebook上で地域在住ママ向けのコミュニティを作りました。

現在はメンバーも300人を超え、一時期しか使わないような赤ちゃん用品の

売買やベビーシッター情報など、メンバー間の交流の場としても活用

いただいています。

この経験が、後に友達と立ち上げたブラジル最大の日本語売買グループや

この駐妻キャリアnetにも活かされているかもしれません。


私がトップバッターで出産。

二人育児の葛藤も同時に始まりましたが

一人、また一人、と息子の同級生が無事にこの世に誕生し

そして、すくすくと成長していく姿を見るのはとても嬉しく楽しい時間でした。

そんな仲間たちからもらったweb寄せ書きには

自分ではあまり意識していなかった言葉が多く並んでいました。

それが「いつも情報を発信している」ということ。

自分ではほとんど意識したことがなかったのですが

どうやらしょっちゅう「情報」をシェアしていたらしいのです。

自分が趣味で書いていた旅行記も参考にしてもらっていたようで

「こんなくだらない呟き、誰も見ないだろう。。」と思っていたことが

実は見られていたんだ、、と少し恥ずかしいような、でも嬉しい気持ちになりました。

昔から自分の興味がある分野の情報を集めることには少なからず自信がありましたが

日本にいるときは自分のためにしかその情報を使っていませんでした。

が、こちらブラジルでは情報の有無、多い・少ない、で生活の質に大きな影響が

出てしまいます。

先述もしましたが「必要な情報・物を必要な人に届けたい」

世の中から少しでも「不公平をなくしてHappyを増やしたい」

これが私のライフキャリアのテーマなのかもしれないな、と

寄せ書きを見ていて気が付きました。

自分では「当たり前」と思っていることが

実は他の人から見たら自分の「強み」だったりするのかもしれない。

自分の「本当にやりたいこと」もそこに隠れているのかもしれない。

4年間、いや、前回の駐在からカウントしたら

キャリアの断絶を嘆いた日も多くありましたが

もしかしたら駐在期間中がむしゃらに走り切った経験は

今後の自分のキャリアを支えてくれるものになるかもしれません。

このブログを書く機会をいただいて

今までの自分を整理したり、これからのことを考える時間が増えました。

本当に心からありがたいです。

この私の体験・経験・気づき、が地球上のどこかで頑張っている人の

背中を押すきっかけに少しでもなればよいな、と常に願っています。


 

会員グループのお知らせ

駐妻キャリアnetでは facebook上で、会員同士の相互交流・会員向けイベント開催・仕事に関する情報提供を目的とした会員専用のグループを運営しています。
グループへの参加をご希望の方は、Facebookでご利用のメールアドレスと、以下3つの質問への回答を 駐妻キャリアnet Facebookページ「メッセージを送信」までお送りください。

1. 滞在国・滞在年数を教えてください(元駐在妻の方は当時の滞在国、プレ駐在妻の方は予定をお答えください。未定の場合は「未定」と記載ください)
2. 簡単な自己紹介をお願いします
3. 本グループ参加の目的を教えてください

グループへの参加資格や注意事項などはAbout usページをご覧ください

Copyright © All rights reserved by 駐妻キャリアnet
当ホームページおよび掲載されているすべての内容を、許可なく複製・改変・転載・転用することを禁止します。