駐妻キャリアnet

駐妻キャリアnetは、キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティです

Expat Wives Carrer Network

【働くお悩み相談室 Vol.3】〜どうやって仕事を探したの?〜

前回のお話では、麻佑ちゃんが「働こう!」と心境が変わっていった過程をお伺いしました。今回は、実際リモートワークを始める前にどのようにして仕事を探したのかを伺っていこうと思います。

 

どうやって仕事を探したの?

 

Hiroko:まず、リモートワークと言っても色んな種類の案件があると思うのだけれど、どのように仕事を探していったの?

 

麻佑:そうだね。出来れば自分の経歴に沿うような仕事がしたい、と思ってはいたけれど、リモートでどんな仕事が出来るか全く分からなかったので、どういう案件があるのかをインターネットで探すことから始めたよ。

前回お伝えした、駐妻さんのブログにクラウドソーシングで仕事をしている、という記述があったので、最初はクラウドワークスランサーズといった、クラウドソーシングのサイトを中心に探して行ったんだ。

因みに、クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数の人に業務を委託するという仕事方式だよ。

 

リモートワークといえば、クラウドソーシング?

 

Hiroko:なるほど。実際にクラウドソーシングのサイトにはどういう案件があったの?

 

麻佑:案件の内容も条件もかなり幅広い印象。ライティングやデータ入力などの単純作業系、リサーチのようなビジネス案件から翻訳、システム開発まで、膨大な数の仕事が用意されていたよ。中にはプロジェクトやコンペ形式の案件もあるのだけど、私ができるようなオフィス系の仕事は単発の案件が中心だったかな。

 

Hiroko:色々な案件も用意されているし、単発で始めてみたい人には良さそうなサービスだね。実際に仕事に応募したりもした?

 

麻佑:うん。前職の経験も活かせると思って、最初は化粧品関係の記事のライティングの案件に応募してみたんだけど、好条件の案件ではユーザーの実績や評価が選考基準になることが多く、お仕事を受注するには至らなかったの。実績を作るまではなかなか思うような案件が受けにくそうだな、と感じて、他のサイトでも案件を探してみたよ。 

f:id:chuzuma-career:20170816024212j:plain

リモートワークの探し方は幅広い!

 

Hiroko:他にどんなサイトを使ったか教えてもらえる?

 

麻佑:はい。リモートワークには、探すサイトによる区分で3つに分けられると思っているのね。

上記でお伝えしたクラウドソーシング系サイトの他に、②リモートワーク・在宅ワーク特化系サイト③求人情報サイト、の3つがあるかと。

 

なので、クラウドソーシング系サイトで探した後は、②のリモートワーク・在宅ワーク特化系サイトを調べたよ。

リモートワーク・在宅ワーク特化系サイトの具体例としては、総合職の女性のフリーランスの案件に特化しているWarisや、リモートワークでオンラインアシスタント業務を行うキャスタービズなどがあるかな。Warisはリモートで可能なマーケティングやリサーチの案件もあり、私の経歴にマッチする案件にも巡り合え、今も実際に仕事をしているよ。キャスタービズは秘書、人事、経理、Web運用などの経験がある人に強い案件が多かったかな。

あとは主婦向け在宅ワークを支援するママワークスもよく見ていて、こちらも実際に応募してお仕事をしたよ。他にも、Web周りのスキルがあれば、コデアルなども高単価で良さそうだと思った!

 リモートワーク・在宅ワーク特化系サイトは、案件にもよるけど、中〜長期の案件が多い印象。働くなら次のキャリアを見据えて継続的に働きたい、と思っていたので、私に合う案件は②のリモートワーク・在宅ワーク特化系サイトの方が多かったかな。

 

Hiroko:リモートワーク・在宅ワーク特化系サイトについては、私も見たことがあるけど、本当に色んなサイトがあるよね。自分の経歴・スキルに合った案件があるサイトを見つけるのが良さそうだね。

 

麻佑:仰る通り。働き方も今後のキャリアの考え方も人ぞれぞれだと思うから、自分がどのように働きたいかを考えてから、案件を探していくと選びやすくなるし、その仕事をしたい理由も明確になるよね。

最後の③求人情報サイトは、リモートワークを探すときに見落とされがちだと思うけれど、実は在宅やリモートOKの案件も、数は多くはないけれど掲載されているんだよね。私は実際リクナビNEXTDODAなど、大手求人サイトで探したよ。仕事を探すときに、条件を絞ったり、検索ワードを入力する欄があると思うので、リモートワークや在宅勤務、といった条件を加えて検索すると該当すると思う。私の印象では、大手求人サイトはリモートワーク専門のサイトと異なり、案件の回転が早かったり、中〜大手企業からの中〜長期の案件が多い感じだったかな。あとはベンチャーに特化した求人サイトなら、Wantedllyなどもオススメ。

 

Hiroko:なるほど。では今回はどんなサイトで仕事を探したかを伺ったので、次回は仕事を始めてみてから実際感じたことや、現在のお仕事について等具体的にお話して頂こうかと思います!

 

 Hirokoメモ
探せば数多くあるリモートワークのお仕事。応募するのにも足踏みしてしまいそうですが、まずは無理のない範囲で案件を探し、その中から自分の過去のキャリアと今後のキャリアを繋げることが出来るような持続可能なお仕事を探せられたら一番ですね。

 

会員グループのお知らせ

駐妻キャリアnetでは facebook上で、会員同士の相互交流・会員向けイベント開催・仕事に関する情報提供を目的とした会員専用のグループを運営しています。
グループへの参加をご希望の方は、Facebookでご利用のメールアドレスと、以下3つの質問への回答を 駐妻キャリアnet Facebookページ「メッセージを送信」までお送りください。

1. 滞在国・滞在年数を教えてください(元駐在妻の方は当時の滞在国、プレ駐在妻の方は予定をお答えください。未定の場合は「未定」と記載ください)
2. 簡単な自己紹介をお願いします
3. 本グループ参加の目的を教えてください

グループへの参加資格や注意事項などはAbout usページをご覧ください

Copyright © All rights reserved by 駐妻キャリアnet
当ホームページおよび掲載されているすべての内容を、許可なく複製・改変・転載・転用することを禁止します。