駐妻キャリアnet

駐妻キャリアnetは、キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティです

Expat Wives Career Network

なっちゃんの独り言/Vol.6 一年の振り返り

ヤッホー
皆さま、お元気ですか?
Everything is OK?
台湾人のなっちゃんです。

 

2019年に突入して、二ヶ月経ちました皆様は新しい年に向けて、何か計画をしていましたか?求職、進学、習い事、旅行、11冊本を読み終えるなど。それともこれから何か挑戦してみようと思っていますか?転職、資格を取る、人前?出産?など。きっと十人十色でしょうね。


一方で
2018年を振り返った、どんなことが一番心に残りましたか?
何か願い事はましたか?

 

自分自身の2018年一番出来事は駐妻キャリアnetに入ったことでした。

 

      f:id:chuzuma-career:20190215012918p:plain

 

どうして駐妻キャリアnetに入りたかったかというと、一番の理由は日本人と仕事てみたかったからです。日本で働いたことがないので、周りは全部日本人という職場がどんな感じなのかを知りたかったです。二月になるとちょうど一年になりますが、最初から今まで、日本人は慎重に丁寧に一つ一つのことをやり遂げているな。。。と思ってきました。

 

無償ボランティア団体である駐妻キャリアnetは発信する情報の質を保つため、毎週オンラインでミーティングをしたり、チャットワークというオンラインツールの掲示よく話し合ったりしています。その全ては、自分達のやりたいことにとどまらず会員の皆様目線で考えられたものになっていると思います。会員の皆様にとって役立つ情報はどのようなものか?どうすればもっと会員の皆様との交流を増やせるのか?といったことを運営メンバーたちはいつも考えています。

 

これは日本人という文化なのか、相手の立場に立って考え見通しを持った上で様々なアイデアを出していて、実に感銘を受けました。今の私はとても真似できないなと思います。

 

駐妻キャリアnetに入っ最初の三ヶ月間、いろいろなことをただ漠然としかわかっていませんでしたがミーティングに出話を聞いたり、チャットワークの言葉を読んだり、少しずつ日本語の理解ができてきて、真っ白な頭から少し薄い色になってきました(笑) 

 

そして新規会員の窓口の仕事をもらい(そうです私はそのサポーターの張です笑)入会希望の方々のメッセージに対してどんな返事をすればよいかを考えるようになりました。このように考えることにより、脳みそのシワが増えただけではなく、この団体と多様なバックグラウンドを持つ会員の皆様の架け橋役になることができ、駐妻キャリアnetの仕事をしているという実感がわきました!

 

この一年間の仕事を振り返ると

新規会員の窓口以外に、代表と一緒にサンパウロの日本人子女が多く通う塾とのあるプロジェクトに関するミーティングに参加したりFBの情報シェア、リブラリアの投稿、オンラインセミナーへ参加、リレーエッセイとインタービューの原稿読み、なっちゃんの独り言の執筆、新規会員と面会、そしてブラジル会員ランチ会のイベントの開催、JETRO弁護士のライブ中継、キャリアカウンセリング及びビジョン擦り合わせ会等様々なことに関わり、個人的には充実した日々でした。駐妻キャリアnetとしても、どんどん活動が幅広くなって、多様化してきています本当に駐妻キャリアnetでサポーターとして活動することができたことは光栄でたくさんの学びがありました。

 

このたくさんの学びがあった2018年から2019年になり自分は更に大き転機を迎えようとしています。それは今年の4月から7年半ぶり、日本で生活を始めることになることです。本帰国のため今は心の整理と心の準備から始めています。日本で過ごすという現実的な生活を考えた時に、仕事をしたいと思い始めました。駐妻キャリアnetでの活動をきっかけに、「キャリアとは?」を考え直しました。自分自身の経験不足を補うために仕事をしなければならない、もっと色んな人とコミュニケーションを取らないといけないと思い、再就職活動を始めてみて、その厳しさも分かってきました(汗)。日本に帰ったら、またゼロから始まりますが、どんな楽しいこと?辛いこと?待っているのでしょうか???ドキドキしながら、2019年も充実した毎日、心が豊かになる日々になりますようにと願っています!

 

今回なっちゃんの独り言は最終回になります。

この場をお借りして、まずはこのなっちゃんの独り言を読んでくだっている皆様にお礼を言いたいと思います。投稿回数は多くありませんでしたが、影支えてくださった皆様、どうもありがとうございました。思考言語日本語して文章を書くことで、日本語力の上達を目指していたなっちゃんに付き合って頂き、どうもありがとうございました。

f:id:chuzuma-career:20180805002804j:plain

 

そしてこの一年間で一緒に仕事してきた、駐妻キャリアnetの運営メンバーたちへも最後に感謝の気持ちを送りたいと思います。

 

まずはすでに日本に本帰国しているMちゃん思考回路が明晰で、最初はどう接したらいいか分かりませんでしたがミーティングやサポータービジョン擦り合わせ会で、素敵な笑顔を見せてくれたので、ホッとして心が温かくなりました。(今この瞬間でもMちゃんの笑顔が浮かんでいます。)赤ちゃんがいるにも関わらず、駐妻キャリアnetの仕事を貫徹しています。

 

次は思いやりがある穏やかなHちゃん、いつも文章をより分かりやすくするために編集したり、読みやすい投稿文やガイドライン作成したり。Hちゃんの文章を読むと、言葉ってこんなに綺麗になるんだな~と思います。優れた文章力だけではなくて、頼りになるHちゃん。Jetro弁護士会のライブの時は、Hちゃんとオンライン通話で調整したおかげで、クリアな画面の中継をすることができました。

 

そして小さいお子様3人を持つKさんは多忙な子育ての日々の中で駐妻キャリアnetの仕事もテキパキめていて、とても尊敬しています。イベントの司会者に最適な聴き取りやすい透き通った声の持ち主。プライベートでの旅行も迷ってたバスの運転手さんにすぐ正しい道を案内したり、連絡したりKさんはいつも周りの人への配慮があり、大変お世話になりました。

 

最後は駐妻キャリアnetの総指揮者Sさんです。いつも人の立場に立て物事を考え、どうすれば皆が幸せになれるか、常に考えている。冷静沈着、分析も好きなSさんは毎週の会議メンバーの考え方や感じ方を理解して、自分の考えも伝えている。いつも会議で沢山の気づきを頂きました。サポーターの私にサポータートレーニングプログラムまで考えて頂いて、史上最高の上司(笑)に恵まれました。

 

駐妻キャリアnetに入ることにより、これまでの吞気な駐妻生活には一旦終止符を打ち、仕事モードに入り、より良い意義がある多彩な駐在生活を過ごすことができました。

 

これからは日本で鍛えて、一人前になりましたら(いつになるのかな笑)、また駐妻キャリアnetで皆様とお会いしたいです。それでは、2019皆様にとって素敵な一年になりますように。

 

ではでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
再び、この文章における文法の修正および自然なニュアンスの言葉への変換は、駐妻キャリアnet運営メンバーが行ってくださっています。
いつも運営メンバーに心から感謝しています。

Copyright © All rights reserved by 駐妻キャリアnet
当ホームページおよび掲載されているすべての内容を、許可なく複製・改変・転載・転用することを禁止します。