駐妻キャリアnet

駐妻キャリアnetは、キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティです

Expat Wives Career Network

なっちゃんの独り言/Vol.2 強くなるにはどうしたら良い?

ヤッホー
皆さん、お元気ですか?
Everything is Ok?
台湾人のなっちゃんです。
この一ヶ月間はどのように過ごされましたか?
(第一回の独り言はこちらです Vol. 1 人生で最も大事なことは何ですか?

 

「この時期の日本は暑い!」一時帰国から戻ってきた友人達に「日本はどうだった?」と聞くと、必ずというほど返ってくる言葉です。
皆さんは暑さに強いですか?それとも寒さに強いですか?
私はどちらかというと暑さに強いかな(南国育ちのおかげ?)

 

そして強さと言えば、最近の私の関心ごとは、自分の芯を強くしたい挫けない心を
鍛えたいということです。どうすれば、強くなれるか?と自問自答していましたら、
ある日アパートの共有スペースにボクシングの先生の名刺が置いてあるのを見つけました。ずっと前からやりたかったボクシング、まさにそのレッスン案内を今発見したのは、何かの兆し?と感じ、早速連絡を取り、ボクシングを始めることにしました。

f:id:chuzuma-career:20180914092715j:plain

実際にやってみたら、コーチに向けてパンチをする時、そのコーチの手につけているグローブの一点に集中することができ、パンチし続けるうちに自分の目が、どんどん真剣になっていったことを実感しました。パンチの練習をする前に、まずランニングマシンで5分間走って体幹を鍛えるトレーニングをするという、いわゆるボクササイズだったわけですが、1対1なので、筋肉の使い方や、ネコ背を直すトレーニング法も教えてくれました。

 

でも、1回、2回と続けているうちに、「あれ?芯を強くするのはボクササイズではない?」と思い始めました。確かに自分の筋肉の使い方を知れば、姿勢が良くなる、体力増進につながる、代謝が良くなる等、様々なメリットがあることは間違いないと思います。ただ私が求めているのは身体を鍛えるというよりも、心の筋肉を鍛える(笑)ということだったのだと改めて感じました。

 

そんな朝、一つの音声ファイルを聞き(中国語のサイト從臉書的道歉廣告,談建立信任感的2種方法 Facebook最高執行責任者シェリル・サンドバーグFacebookに入社当時、創業者のマーク・ザッカーバーグに週一回、改善会をしたいとお願いしたという話を知りました。この1週間でシェリルにやり直して欲しいこと、シェリルにとってやめたほうがいいと思われること、マークから見て認められないところを改善会で指摘してもらうよう依頼したそうです。

     f:id:chuzuma-career:20180914093030j:plain

このエピソードを聞いて、

是非真似したい!
 誰かに私の日本語でのコミュニケーションに関する率直な意見を求めたい!
  私の物事に対する見方や考え方で直すべきところがあったら教えてもらいたい!

と思いました。

 

今の時代、新しい友達を作るのは容易ですが、深く付き合える友達を見つけるのは難しいです。特に客観的に見てくれ、率直に分かりやすく教えてくれる友人は僅かかと思います。そんな大切な友人の一人に改善会をしてもらえないか聞いてみました。
その友人は、「いいよ、でも私は厳しいよ」と快諾してくれました!
友人は私の弱点を実際に起きたことを取り上げ、また別の具体的な例を挙げながら説明してくれ、周囲の人の反応がどういったものになるか、またどうすれば改善できるかまでの考え方を教えてくれたのです。自分がすでに弱みとして承知していること、思い違いをしていたことを指摘してくれて、大変助かり、感謝しています。

 

文字でのコミュニケーション(しかも、私にとっては外国語の日本語)だったので、何回も繰り返して読み、誤解のないように、この意味はこうですかと何度も確認しました。子供から学生、そして社会人になって行く過程で、親からは躾を受け、先生からは学問を上司から仕事を教えて頂き、怒られることも日常茶飯事でしたが、今、主婦の立場になっても自分のするべきことを教えてくれる人がいるというのは、最高に幸せなことだと思います。なぜならば、気づかないこと、知っていても漠然としかわかっていないことを教えてもらうことで、より良い自分、より楽しい自分になれるのですから。

 

正直、友人に聞く前はすごくドキドキし、どんなコメントをしてくれるかな?
私はくじけそうになるのかな?足りない部分は他の人にどう映っているかな?
と様々な考えを巡らせていました。
友人から答えをもらい、家族に「ごめん、これから一人で部屋にいさせて、おやすみ」と言ったときの胸が躍るような気持ちはいまでも鮮明に覚えています。


そして、聞いて本当によかったです。自分の能力はどこにあるのかがより分かり、自分の不足点を補うことができ、努力するやる気も出る。自分について人に聞くことは一つの挑戦でした。かなりの勇気が必要。そして、その答えを素直に受け容れる際、柔軟な心も育まれると思います。

 

なるほど、自分より優秀な人と付き合うというのは、こういうことですね、その方の思考と行動から常に学ばせてもらえる!まだまだ未熟者の私ですが、今日も優秀な友人たちからたくさんのことを教えて頂きました。この改善会はこれからも続きます、どんどん強くなって行きます笑

 

皆さんはどのように強い心を育んでいますか?

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
再び、この文章における文法の修正および自然なニュアンスの言葉への変換は、駐妻キャリアnet運営メンバーが行ってくださっています。いつも運営メンバーに心から感謝しています。

Copyright © All rights reserved by 駐妻キャリアnet
当ホームページおよび掲載されているすべての内容を、許可なく複製・改変・転載・転用することを禁止します。