駐妻キャリアnet

駐妻キャリアnetは、キャリアに悩む世界中の駐妻を、応援し共に成長するコミュニティです

Expat Wives Carrer Network

【Hisae's Voice / vol.6】SNSの効能

帰国日も決まり

いよいよ感が出てきたところで

原因不明の高熱、胃腸炎になりました。。

この年で39度台の高熱が続くともう生気がなくなります。

でも頑張らねば。。

海外で病気、沢山経験したのでこちらもまたいつか書きたいと思います。

むしろネタが多くてまたシリーズ化しそうですが。。

 

さて、私のキャリア(経歴)シリーズを書いてみて

この9年間で大きく変わって、かつ今は私の支えの一つになっているな、と

痛感したものがあります。

それがSNSFacebookmixi、messenger、Instagramなどです。

シドニーにいた頃はmixiの絶世期だったので、当時はmixiでよく日記を

つけていました。

 

その日にあった発見、楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと。

遠く離れている友達や家族に心配かけたら良くないだろう、と

あまり悲しいことや悔しいことは書かないように気を付けたつもりでしたが

でもどうしても苦しくなってしまうと、寝る前に胸の内をSNSに投稿していました。

私の友達は私の事を良くわかっている人たちが多いから、か

翌朝には数々のコメントやメッセージを残してくれて

その一つ一つにとても勇気づけられ元気をもらっていました。

 

mixiで初めてブログ(日記)を書いたのは、2005年の4月でした。

なんと今から12年前!同じ干支!(笑)

その当時はプライベートな内容を他の人に見られるなんて、拷問じゃないの?

と、思っていたのですが先輩女史の「Hisaeはすぐにハマるね」の言葉が的中。

(今回のブログを書くのは実は少々躊躇ったのですよ。。これでも。。)

毎日会えなくてもお互いの近況報告ができるSNSの虜になりました。

ちなみに2005年の一番初めの日記には週末に自宅で企画書作っている、という愚痴

でした。(笑)

 

離れていてなかなか会えない人たちも

現在はネットさえつながれば、ずっとつながっていられる。

海外に住んでいると一時帰国のひと時しか友達や家族に会うことができないですが

久々に会った友達には

Facebookでいつも見てるから、いつもは手の届かないちょっとした芸能人に会ってる気になる

 と、よくわからない、でもうれしい一言を言ってもらえたりします。

f:id:chuzuma-career:20170726142935j:plain

 

SNSがなかったら、転職を経験し、かつ10年で2度も海外駐在についていった私には

知人・友人は数えるほど、になってしまっていたかもしれません。。

 

もちろん、SNSには良い面も、気をつけなければならない面もあることは事実。

私は自分なりのルール、例えば友人の確認が取れてないお子さんの顔写真は載せない、

実際に会ったことの無い方とは基本的にはFB友達にはならない、など

を設けています。

でもまだ十分ではないかもしれないから試行錯誤を繰り返して、心地よい使い方を

常に模索しながら楽しんでいます。

 

人とのつながりって大事ですよね。ご縁って本当に大事。

数々の苦難の時期に家族や友達とのつながりを維持させてくれたSNSには感謝感謝

です。

このブログ書いている間に私のFacebookの「いいね」が50000回を超えたとお知らせ

ありました。うれしい~!

 

少し宣伝になってしまいますが、Facebookのグループで駐妻の方々向けの

コミュニティを運営しています。

もしよかったらご覧になって、「イイね」してください★

https://www.facebook.com/chuzumacareer/

 

会員グループのお知らせ

駐妻キャリアnetでは facebook上で、会員同士の相互交流・会員向けイベント開催・仕事に関する情報提供を目的とした会員専用のグループを運営しています。
グループへの参加をご希望の方は、Facebookでご利用のメールアドレスと、以下3つの質問への回答を 駐妻キャリアnet Facebookページ「メッセージを送信」までお送りください。

1. 滞在国・滞在年数を教えてください(元駐在妻の方は当時の滞在国、プレ駐在妻の方は予定をお答えください。未定の場合は「未定」と記載ください)
2. 簡単な自己紹介をお願いします
3. 本グループ参加の目的を教えてください

グループへの参加資格や注意事項などはAbout usページをご覧ください

Copyright © All rights reserved by 駐妻キャリアnet
当ホームページおよび掲載されているすべての内容を、許可なく複製・改変・転載・転用することを禁止します。